千葉・(有)越川園

千葉県を訪問しました。

匝瑳市にある(有)越川園さん(社 日本植木協会員)は生産及び流通をおこなわれています。最近では、生産減少の為もあり、不足樹種を自家生産の増加で乗り切るべく、増産体制を強化されています。

九州での修行で生産技術を磨き、地域の若手リーダーとして活躍されています。そうさバイオマスプラスチック栽培組合の一員として、生分解性容器栽培に取り組んでいらっしゃいます。

その圃場の一部です。

タブ・マテバシイ・シイ・シラカシ(写真は青年部会員の方です)

そうさバイオマスプラスチック栽培組合は農林水産省のバイオマス・ニッポン総合戦略推進事業の一環として、補助金の交付を受け、廃棄物の出さない生産・廃棄物の出ない消費に向け、植木の生産現場で取り組みを続けています。

京都議定書を受け、地球温暖化の大きな要因として挙げられる二酸化炭素の排出削減に向けた取り組みです。