アグリビジネス創出フェア2008

アグリビジネス創出フェア2008(Agribusiness Creation Fair 2008)―東京会場―が開催されました(http://agribiz-fair.jp/gaiyou/index.html

農林水産省が主催したこのフェアは、「産学官の最新技術が大集合! 新たなビジネスがここからはじまる」をテーマに、平成20年10月29日~30日の2日間、東京国際フォーラム 展示ホールで開催されました。

(有)グリーンサポートの展示コーナーのテーマは、「農林業分野のゼロエミッションを目的としたポリ乳酸不織布製(生分解性)の育苗ポット及びその実証」でした。

バイオマスプラスチック製品(ポリ乳酸製不織布=生分解性データー取得済、バイオマスマーク認証)や、ポットに植えた現物を紹介しましたが、環境に優しく植物にも優しいゼロエミッションの製品として、多くの方に注目されました。
その様子をご紹介します。

開会式のテープカットグリーンサポートの展示コーナー

本年度の全国植樹祭(秋田県で本年6月15日開催)に採用され、全国各地で使用されている、biopot商品や、ポットで育苗中の現物を展示しました。

会場では、アンケートにお答えいただいた方に、この製品の有効性を実体験していただくためbiopot(ビオポット) ZPFacH 30-7.5で育苗した芝桜(4色)とセンペル(7種類)を配布いたしました。

配布苗の展示アンケートに答えていただきました。

展示コーナーには、多くの方が訪れ、現物を手にとって熱心に質問されました。

アンケートの結果は、集計後ホームページにて、報告させていただきます。ご来場ありがとうございました。

☆平成20年11月12日(水)~13日(木)に久留米リサーチセンタービル展示場(福岡県久留米市)にて開催される、「アグリビジネス創出フェア2008in九州」にも、ぜひご来場ください。(ホームページで紹介しています。)