日本農業新聞にbiopotが紹介されました

日本農業新聞2009年1月26日(月)付け9面の「前略メーカー殿」のコーナーに、群馬県の桒原市郎さん(育苗農家)が(有)グリーンサポートのbiopot(生分解性不織布ポット)を使った栽培の様子が記事になりました。

新聞発売から、問い合わせが殺到しています。

記事では、花苗3000ポットとトマト苗500ポットをbiopotに移植、そのまま定植できるため、ポリ容器の処分が不要、不織布の合わせ目から外に根が出るため、ポットの底に根がまいたり詰まったりすることがなくなり、健康な苗が作れると高く評価していただいています。ただ、自動土入れ機械が使用できないので、大量生産に向く硬いポットを要望すると述べています。

これら現場の要望を踏まえ、更なる改良を加え、多くの農家の方々に満足してお使いいただける商品づくりを目指して日々努力しています。

日本農業新聞を是非ご覧いただき、ご意見、ご要望をお寄せください。