鳥取県で勉強会を開催

山口県に続き、来年度、第64回全国植樹祭が鳥取県南部町・とっとり花回廊で開催されます。
鳥取県山林樹苗協同組合の皆様が植樹祭で植樹される樹木を生分解性biopotで育成します。
昨年11月、白根苗圃・白根さんの圃場を視察、ご自宅で「 生分解とは ・ バイオマスとは ・ 生分解性biopotの使用上の注意点 」等々をご説明、勉強会を行いました。
講師として有限会社キヨタキナーセリー(グリーンサポートニュース2011-07-22参照)清瀧社長により、2日間の研修の総括が行われ、その中で、組合員の方が持参されたスギ苗の評価、各組合員の皆様の圃場で育成されている樹木などから、栽培技術を高く評価されました。

鳥取県では、全国に先駆け生分解性biopotで緑化樹を栽培、全国各地に出荷してこられた
有限会社田宮園芸様、山野樹木、野草、水湿・海浜植物など特殊な植物を多種栽培し全国各地に出荷してこられた有限会社竹本園様等があり、現在も継続して使用していただいております。
有限会社竹本園・竹本会長は、ドングリ等の実生栽培での課題であるポット内での【根巻き】の抑制に向け早くから研究を重ねておられます。
現在、研究機関と共同研究を進め、生分解性biopotに種子を直蒔きにて育苗、さらに、定植後の【根】の成長状況などの追跡調査を行い“ 直根性樹木栽培で根巻きの発生を抑制する栽培技術、ポットのまま定植可能で健康な苗を育成するポットの形状やサイズの研究 ”を行っています。当然、特殊形状の生分解性biopotも開発いたしました。
研究成果の発表が待たれます。

山林種苗の育成でも生分解性biopotは使用されています。
数年前、生分解性biopotを採用するにあたり鳥取県山林樹苗協同組合の組合員の方から、
“ ポットはすぐに溶けないか? 出荷時までポットはもつのか? そのまま植えても大丈夫か? ”等々、さまざまな質問がございました。
お伺いし、生分解性biopotの素材の特性、使用方法などをご説明、採用して頂き、今日まで継続して使用していただいております。

約半年で30~40cm成長しています。
この成果に加え、地球環境に優しく、廃棄物を出さない植樹祭への取り組みが今回の採用につながったと思われます。