試験場一般公開開催(福岡県久留米市)

福岡県久留米市にある久留米野菜花き研究拠点では、4月20日(土)に予定通り、2年に一度の試験場一般公開が開催されました。
当日は午後からあいにくの雨となりましたが、700名近くの方においで頂き、研究成果のパネルや実物展示を熱心にご覧になっていました。特に、新品種イチゴ、新品種の米を使った米粉パン、植物工場で育てたレタスサラダには次々と試食の手が伸びていました。
最後のお土産コーナーでは、アンケートと引き換えに、ビオポットで育てた野菜、花苗を喜んでもらってお帰りになりました。ポットのまま植えられますよと言うと、それは手軽で良いと皆さんびっくりしておられました。

ポリ袋に苗を入れて配布準備

ポリ袋に苗を入れて配布準備

研究成果紹介コーナー

研究成果紹介コーナー

苗プレゼントコーナーの様子

苗プレゼントコーナーの様子

当日プレゼントした花苗3株セット

当日プレゼントした花苗3株セット
(ミムラス、ビンカ、メランポジウム)

ミムラスの根張り

ミムラスの根張り
(鉢の全面を覆うほど白い根が広がっています)

テーマ:「みてみよう やさい工場」
http://www.naro.affrc.go.jp/karc/contents/engei_area/information/index.html

場所:九州沖縄農業研究センター久留米野菜花き研究拠点
http://www.naro.affrc.go.jp/karc/contents/engei_area/index.html

 

当日配布した生分解性ポットの説明チラシ ←ダウンロードできます!